西洋占星術用語集(B)

astrology_b
  • ベネフィック(Benefic) :
  • スムーズでイージーゴーイングで利益をもたらすような作用をする天体のこと。あまり努力をしなくても良い結果をもたらすことが多いとされる。厳密には、金星と木星がベネフィック天体と呼ばれる。

  • バイコーポリアルサイン(Bicoporeal Signs, Bi-coporeal Signs):
  • バイコーポリアルサインは、双子座、乙女座、射手座、魚座のこと。「バイコーポリアル」とは、「2つの身体を持つ」という意味である。また、これら4つのサインをギリシア語から翻訳した場合によく「2つの身体を持つ」という言葉が使われていた。現代占星術では、バイコーポリアルサインとは4つの「柔軟」サイン、柔軟宮のサインと呼ばれる。

  • 大天体アスペクト(Big Aspect) :
  • 動きの遅い天体(木星、土星、キロン、天王星、海王星、冥王星)の間でつくられるアスペクトのこと。こうしたアスペクトは、複数の天体が絡み合えばあうほど、一般にかなり潜在力があり影響力を持つとされる。こうしたアスペクトのエネルギーは、無意識レベルで働きかけることが多い。詳細な影響については、別項を参照のこと。

  • バケツ型(Bucket) :
  • チャートの天体の配置パターンの一つで、天体の多くがゾディアックの半分に集中していて、1つか2つの天体(この天体をバケツの「ハンドル」と呼ぶ)だけがもう半分に存在していてバランスをとっているような場合をいう。ハンドルとなる天体は、チャート全体の色に決定的に作用するような独特の特徴を持ち、その他の天体群の不活発さに対してバランスをもたらす役割を担う。

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る